スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本基督教団 島村協会

P1020117.jpg

建築年:明治30年(1897)
所在地:群馬県伊勢崎市境島村

 伊勢崎市の島村という地域は、かつて蚕種業で栄えた地域である。その島村で明治時代に蚕種業を営んでいた田島善平は蚕種のヨーロッパへの直輸出を行っていたそうで、その仕事を通じ通じヨーロッパを訪れている。ヨーロッパでキリスト教に触れた彼は、その教えを島村の地に持ち帰った。明治20年(1887)善平は自宅内にキリスト教の講義所を建設する。しだいに信徒の数は増え、講義所が手狭となったため明治30年(1897)この教会が建設された。島村という地域の進取の精神を感じさせる建築である。
 明治という時代を反映して、和洋折衷の建築となっている。国登録有形文化財でもある。



参考文献:『伊勢崎市文化財ハンドブック』伊勢崎市教育委員会
     『ぐんま発見!絹遺産』パンフレット 群馬県企画部
スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。